iMac届きました!

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

新型iMac27インチゲットしました!
ネットで13万切ってました。安くてびっくり!
そしてでデカッΣ(´∀`;)
iPadがiPhoneみたい(;・∀・)

まず届いてからしたこと。
メモリ4Gx2枚挿入して12Gに。
液晶内部にホコリが侵入しやすいという情報ゲットしたので、底の部分と背面の穴をクッキングペーパーで塞ぎましたw
底にセロハンテープがちょっと見えてダサい(´・ω・`)

お次はアプリのインストール。
フリーソフトや有料ソフトなどいろいろインストしました。
AppStoreってこういう時に便利ですね。いちいち箱からインストールディスクを取り出してDVDドライバに入れてシリアスナンバー入れる手間が省ける。

私は移行する時TimeMachineは使いません。普段はTimeMachineでバックアップしても、移行する直前にミュージック・ピクチャ・書類・ムービーフォルダを外付けHDDにコピーします。前回と違うのはピクチャフォルダのデータ量。
デジイチ買ってからRAWデータで保存してるので、びっくりする位データ食ってます。

そして今回の移行で新しくFacControlを導入してみました。MacbookProの時はPCクーラー使ってたんですけど、iMacにそんなのないし・・・
導入した感想は・・・うるさいヽ(`Д´)ノ
でも回転上げないと上面(特に左)が熱くなるんですよね。心配・・・(´・ω・`) ファン回転を一番少なく設定してもうるさいかも・・・FanControl、温度上がってきたときだけ自動でファン回転調節してくれないかなぁ・・・とりあえず一旦削除しました。また温度が気になるようだったら導入考えます。

さーて、Macの設定は粗方終わったので、次はWindowsです。
MacbookProまではWinXP使ってたんですけど、新型からWin7のみの対応だと言う事で、事前にメモリと一緒にWin7を買ってたんで、早速導入☆どっかの記事でBootcamp領域を使った仮想化は動作が遅くなるという記事を見かけたんで、今回はBootcamp使わずにやってみました。
有名なのはVMwareFusionとParallelsの2つですね。私は最新版を両方持ってるんですが、Parallelsはどうも昔から相性悪いんです。Parallels3の時はWinを起動するだけですっごい時間かかったし、マウスを動かすだけで固まる位なんです。でもネットでレビューみると、そんな報告ほとんどなかったんで、単に私の環境が悪かったみたい・・・(でもMacbook黒だったから、そこまで環境悪くなかったと思うんだけどなぁ・・・)
あと、移行前、仮想環境でネトゲを起動してみたんですけど、Parallelsはネトゲ起動したとき、マウスがネトゲのソフトの画面上で消える現象が・・・あと、OpenCanvasとかのお絵かきソフトがちょっと、若干ですけどもたつく感じでした。VMwareFusionはそんなことなかったんで、過去の苦い経験と合わせて今回はVMwareFusionで最初やってみました。
結果・・・すっごく快適です!最近誘われて始めたMaster of Epicっていうネトゲ、32bitのみの対応なんですが仮想化Win7 64bitでプレイ可能した。前よりヌルヌル動く!Σ(´∀`;) グラボのおかげかな?
ここまでできたらわざわざ再起動しないといけないBootcampを導入する理由がなくなりました。
いやー、あれだんだん面倒になってくるんですよねー。
Macを最初に買ったのはintelMacになった頃のポリカのiMacでした。あの時はBootcampでWinしか使ってなかったのに・・・今ではネトゲ以外Win起動しなくなったもんなぁ・・・

あと、ちょっと聞きたいことが・・・みなさん仮想環境の設定の時、コア数とメモリはどうしてます?私はよくわからないんで、とりあえず今回はコア2でメモリは5Gにしてみました。もし良い設定ありましたら教えてもらえると助かります(・∀・)

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください